交通事故治療までの流れ |肩こり・交通事故でお困りの方は、草加・越谷、せんげん台のオステ治療室(整体・接骨院併設)にお任せ下さい。

オステ治療室


交通事故に遭われたら...

警察への「人身事故」の届けの連絡する

加害者は必ず警察に事故の連絡をしなければなりません。
警察への連絡をしないと「交通事故証明書」が発行されません。
この証明書はあとあと保険の支払い等に必要ですので、
被害者であっても、必ず届け出て「人身事故扱い」にしてもらいましょう。

病院で検査を受ける

事故直後は興奮状態であり痛みを感じにくいですが、
重篤な疾患が隠されてる可能性もありますし、
病院で検査を受けましょう。
少しでも異変を感じる身体の箇所すべてを医師に伝えて下さい。
※2・3日後にいろいろ症状が出てくるケースがほとんどです。

保険会社へ連絡し、当院へ通院する旨を伝える

病院で検査を受けた後は、保険会社の担当者に当院に通院したい旨を伝えてください。

当院へご連絡

来院される前に一度ご連絡いただくとスムーズに治療を受けられます。


事故発生時にやるべき事

負傷者の救護・道路からの危険物の撤去

加害者・被害者問わず負傷者がいる場合はすぐに救急車を呼びましょう。
二次災害を防ぐため、ケガ人を安全な場所へ運び、道路上の危険物などを撤去します。

警察への「人身事故」の届けの連絡する

加害者は必ず警察に事故の連絡をしなければなりません。
警察への連絡をしないと「交通事故証明書」が発行されません。
この証明書はあとあと保険の支払い等に必要ですので、
被害者であっても、必ず届け出て「人身事故扱い」にしてもらいましょう。

加害者の確認

加害者の車検証、免許証を確認しましょう。
住所、名前、電話番号、相手の保険会社、勤務先なども控えておくことが大事です。

目撃者の確認と証拠の確保

後日、裁判になった場合に証拠が必要となる場合があります。
加害者もいろいろ理由をつけて罪を軽くしようとしますので、目撃者の確保は必要です。
目撃者がいましたら、お名前と連絡先を聞いておきましょう。

事故の記録をとっておく

人間の記憶は時間がたつと消えてしまいがちです。
鮮明に記憶が残っている間に記録を残しておきます。
また事故現場の写真を撮っておきます。
車等を動かしてしまう前に携帯電話の写メにおさめておくことをお勧めします。
車対車の場合は、過失割合の時に役に立つことがあります。
事故にあった日時・状況・相手側の情報などをまとめておくと便利です。

自分の加入している保険会社への連絡

加入の保険会社へ必ず連絡をいれましょう。
事故の場合は24時間受付する保険会社がほとんどです。
基本的には治療費の支払いや賠償金の請求は相手側の保険会社が窓口になりますが、
自分の保険会社に今後どうしたらいいか?ということも聞いてみてもよいと思います。


ページの先頭へ戻る