治療記 -木漏れ日- |首の痛み・交通事故でお困りの方は、草加・越谷、せんげん台のオステ治療室(整体・接骨院併設)にお任せ下さい。

オステ治療室


治療記 -木漏れ日-

やっぱり、膝痛の原因は腰だった!!2017.08.15

こんにちは、大久保です***

 

前回の続きです。

どうして膝が痛くなるのか、まとめになります。

 

膝痛の主な原因は関節の周りを袋のように覆う

「関節包」が硬くなることでした。

硬くなって膝の動きを制限しています。

筋肉もそうですが、何らかの影響で緊張が生じ

ると拘縮してきます。

拘縮の要因は腰椎とその周辺の筋肉の緊張です

 

では、

関節包の緊張をとるにはどうすれば良いか?

 

番組で取り上げていました。

●ひざ伸ばし運動

膝運動お皿ストレッチ

 

 

①足を伸ばして座ります。

②太ももの前側の筋肉に力を入れて、5~10秒

ほどそのままにしてから緩めます。

以上を10セット、 一日2~3セット

 

直に座る体勢が難しい方にオススメです。

椅子に腰掛けてストレッチ

 

椅子に浅く腰かけて、足を伸ばしてかかとを

地面につけて行います。

上記②を行います。

 

●お皿のストレッチ

膝押し八方から

 

*足をまっすぐ伸ばして、足の力を抜いて

お皿が動くことを確認します。

*矢印のポイント(お皿のふち)を八方から

順番に押していきます(1カ所5秒程度)。

*1回のストレッチは3分まで、1日2回。

 

「運動をする前の注意」

●打撲、骨折などの外傷がある人

●痛風、リウマチがある人

●ひざに腫れや熱がある人

●安静にしていても痛みがある人

 

これらの症状がある人はお医者さんに

相談のうえ、行うようにして下さいとの

ことです。

 

私の場合は腰椎の歪みが原因でしたので

腰椎の調整で痛みは改善しましたが

ひざ伸ばし運動とお皿のストレッチで

さらに改善出来ました。

 

実感してますので、膝の痛みでお悩みの方

是非、一度試してみてはいかがでしょうか?

 

膝痛の原因は関節包の炎症、炎症は膝の

大元の支配神経、腰椎3番の歪み緊張だと

考えられます。

まずは、腰の治療からです!

 

*膝倒し運動もお忘れなく!!

image

 

 

それでは・・!!  BY大久保


やっぱり、膝痛の原因は・・!! ②2017.08.08

こんにちは、大久保です**

 

台風5号は日本海へやっと抜けてゆっくりと

北上しています。まだ油断できません。

 

さて前回の続きです。

 

膝の痛む原因に変形性膝関節症(軟骨がすり

減って骨と骨がすれて痛む)がありますが、

新潟県十日町の患者さん(1000人)の

調査で、重度(グレード3)の変形でも膝に

痛みを感じてない方が多くいました。

軟骨のすり減りの他にも原因がありました。

 

関節包が硬くなることが大きな原因です。

 

関節包とは膝関節を包む袋状の組織で、中には

軟骨や滑膜があり、関節の動きをなめらかに

する滑液も分泌されていてなめらかな動きを

可能にしています。

 

関節包や周囲の軟部組織には痛みを感じる

神経がたくさん通っています、関節包が硬く

なることによって、軽い刺激で痛みを感じたり

膝の曲げ伸ばしがしづらくなります。

 

関節包は膝の内側の靱帯と付着していますが、

外側の靱帯とは付着はありません。

 

膝痛の患者さんの多くは内側の靱帯に痛みを

感じています。

関節包と内側の靱帯は付着してるので緊張す

るとお互いに緊張が伝わり痛みとして感じる

と思われます。

付着していない外側の靱帯はそんなに影響は

出てきません。

膝痛と関節包との因果関係は深そうですね。

 

関節包が硬くなる原因は加齢と炎症だそうです

 

加齢、良く耳にする言葉ですね。

多少は影響はあるでしょうが、当院には

中高生や若い方の来院も多くあります。

前回に書きましたが、私の体験ですと、

膝痛は関節包の緊張で、関節包が緊張するの

は、膝周辺の支配神経(腰椎2~4番)が

関わっていると考えられます。

腰椎の歪みか腰部筋の緊張で関節包に炎症が

出て硬くなったと思われます。

 

自分の膝治療です。

ベッドに腰かけて前屈みで少し右に回旋で

膝には触らず、膝の痛みが改善出来たという

ことは、原因は腰の周辺だということに

なります!

 

硬くなった関節包に効果のある膝伸ばし運動

は次回になります。

 

それでは・・!!  BY大久保


1 / 40612345...102030...最後 »

ページの先頭へ戻る