治療記 -木漏れ日- |首の痛み・交通事故でお困りの方は、草加・越谷、せんげん台のオステ治療室(整体・接骨院併設)にお任せ下さい。

オステ治療室


治療記 -木漏れ日-

乾燥注意報(お肌?)!!2017.02.07

こんにちは、本日担当の大久保です。 冬晴れですが、風が強いですね(>_<)! 風速1mで体感温度が1℃下がると言われて ます。 氷点下にいるような感じです。 外出される方は、寒さ対策をしっかりとです。 強風注意報とともに乾燥注意報も出ています。 空気も乾燥してますが、肌が乾燥してかゆく なる方が少なくないですね。(私もそうです) かゆみの原因は肌の中の水分量・脂質量が 減ってしまうことで肌を守るバリア機能が 低下して、刺激に弱い状態になり、普通は 感じないようなかゆみでも、かゆいと感じて しまいます。 かゆいときはどうしてもごしごしかきたくな りますね、私も我慢できずついやってしまい ます(^_^;)! でもNGです、一時的に収まりますが、肌が 傷つき、より強い炎症を引き起こすことにな ります。 どんどん肌のかゆみが強くなって、我慢でき ないほどのかゆさになる事も! ついついかきたくなりますが、基本的には 肌に触らないことがベストですね。 私の場合、市販のベビーローションが有効 です。 室内環境も大事で、暖房などで部屋が乾きすぎ ないように、加湿器などで室内の湿度を50% 以上に保つことも大事です。 室内の湿度を確保することで、インフルエンザ や風邪対策にも有効です。 それでは・・!!   BY大久保


急激な温度変化に注意!!2017.01.31

こんにちは、本日担当の大久保です。   昨日は季節外れの暖かさで4月の陽気でした。 今朝はこの時期の気温で昨日とは、15度以上 の温度差があります。 急激な温度変化は要注意です。   昨年の10月に平幹二郎さんが浴室で倒れて 亡くなっていました。 死因は明らかでありませんが、急激な温度変化 が体に悪影響をもたらす「ヒートショック」の 可能性があると言われています。   ヒートショックが原因で亡くなる方は、年間一 万人以上います。 交通事故でなくなる人より、はるかに多い数字 となっています。   冬の寒い時期に暖房の効いた暖かい部屋から 寒い廊下やトイレなどの場所に行くとぶるぶ るっと寒さを感じることがありませんか? この状態を「ヒートショック」といってます。   急激な温度変化によって、血圧が急激に上昇 したり下降したり脈拍が早くなったりする状態 のことをいいます。   人間の体は、体温を一定に保つために体温調節 というメカニズムが大きく関与してます。   血液の流れる量の変化、汗の量により一定に保 たれていて、寒いときには体の熱を外に逃がさ ないように血管を細くし血液の流れる量を減ら して調整します。 逆に暑いときには、血管を太くして血液の流れ る量を増やして調整します。 このように温度差が激しいと血圧が大きく変化 してきます。   思った以上に心臓に負担がかかっています。 心筋梗塞や脳血管障害などになりかねない危険 な状態と言えます。   対策としては室内の温度差を作らないことです (脱衣所、浴室、トイレ、台所等) 各場所にミニヒーターの設置、浴室は入浴前に シャワーを放出(3~5分)、各部屋のドアを オープンにするなど。   また、外出時にはマフラーや手袋などの防寒着 を家の中から着用して出ることも大切です。   気温が低下して血圧が上がりやすいこの時期、 なるべく血管への負担をかけないようにしま しょう。   それでは・・!!  BY大久保



ページの先頭へ戻る